認知症 痴呆症

認知症の治療って可能なのか

認知症の治療法は、可能だそうです。しかし、完治はしません。治療やケアをする事で、認知症の進行の速度を遅くする事が可能になり、出てくる症状を軽くする事は可能と言われています。中性脂肪を下げることと同じで、長期的に取り組む必要がありそうです。薬物療法とリハビリを主に、行うそうです。①薬物療法薬物を投与する事で、認知症の進行を遅くしたり脳の低下を遅らせる事を目的として行います。徘徊などの症状が重い場合でも、薬物投与にて治療を行う事も可能だそうです。②リハビリ認知症のリハビリは、脳の様々な部分の機能に刺激を与えて、脳の活性化へと導かせるという療法です。簡単な計算、音読、字を書く、昔の記憶を思い出して話したり、音楽療法等、様々な角度から脳へ刺激を与えます。

認知症治療に欠かせないケア 家族のケア

様々な治療法と並ぶほど大きな役割を果たすケアが、家族のケアです。毎日一緒に過ごす事で、様々な刺激を与える事が出来ます。一緒に住んでいて常に一緒に過ごしていると、認知症の症状が出てくる頻度が高くなる事で、ついつい認知症患者を叱ってしまう事があると思います。ジレンマで叱ってしまうのは理解できない事ではないですが、認知症患者は叱責されてしまうと感情が不安定になってしまい、症状が悪化してしまう事があります。相手は通常な感情が持てない認知症なのだときちんと理解し、認知症患者に負担を与えない受け答えをしてあげるようにクセ付けていくようにしましょう。穏やかに受け応えしてあげる事が、認知症患者に対してとても大切なケアになります。簡単な事ではありませんが、理解してあげるように考え方を一層しましょう。

認知症になりにくい生活習慣を付ける

認知症は、生活習慣が大きく関わっていくと言われています。脳状態を良好に保つ為には、以下の事に気を付けるようにしてみましょう。①食生活脳を活性化させる食材を、気にして摂取するようにしましょう。ビタミンCやE、βカロテン、DHAやEPA、抗酸化作用のある食べ物など、これらは脳の活性化へと導いてくれるので、気にして摂取してみるようにしましょう。②有酸素運動をしよう年齢をましてくると、どうしても体を動かす習慣から遠ざかってしまいます。有酸素運動をする事は、脳の活性化に繋がるので、ウォーキング等ちょっとした有酸素運動を頑張ってみましょう。毎日じゃなくてもいいので、1日置きでもチャレンジしてみましょう。③人と接触する人と関わって話をしたりよく笑う事は、かなりの脳の活性化に役立ちます。メールよりは電話、電話よりは逢う等と、人と関わる頻度を上げるようにしましょう。④行動派になる行動派になると、脳が活性化します。文章を書いたりTVや映画を観たり、ゲームやパズルをしたりなど、コツコツやる事からでもいいので、何か一生懸命になれる物にチャレンジしてみましょう。⑤良く眠る年齢を増すと、どんどん寝る時間が短くなってしまいますが、本来はよく眠る事が成長ホルモンを高めてくれます。特に22時~2時は必ず熟睡するようにしましょう。朝の太陽の光を浴びる事はとても大事なので、起床時間以内に太陽の光を浴びると、かなり脳が活性されますよ。朝の太陽の光は想像以上にいいお薬になるので、是非毎日の習慣にしましょう。

ボケ防止オススメポイント

1番避けたいワードは「ボケ」ではないでしょうか。ボケたくは、ないですよね…家族がボケられても困りますが、自分もボケたくないです…認知症やボケというのは、原因などが明確に究明されていないので、完璧なケア等を決めつける事は出来ません。以下のポイントは、ボケにくい方向へ導く事が出来るだろうと言われている項目です。・塩分を控える・動物性脂肪を控えたバランスの良い食事・運動を適度に行って足腰を衰えさせない・深酒はしない・タバコは止める・肥満の改善・高血圧の改善・頭に打撲を与えないようにする・好奇心や興味を持つようにする・自分にも相手にも細かい気配りをする癖・オシャレに気を使える・何でもマイナスに考えずに前向きで明るく意外と出来そうで、そうじゃない項目もあると思います。出来ていないなと思う事は、気にかけてやってみましょう。

認知症はどこの科に行けばいいのか

認知症で病院にかかろうと思った場合、どの科にいけばいいのかと迷う方も居ると思います。認知症を専門に扱っている「物忘れ外来」という科を設けている病院もあるそうです。かかりつけの病院がある場合は、そのかかりつけの内科で相談しても構いません。そこから、この病院に行った方がいい等と促してくれます。認知症患者連れていく場合は、大きな総合病院に連れていくと。長い時間待たされてしまう事があります。認知症患者が長い時間病院で待つのは大変なので、なるべく待ち時間が短くてかかれる病院に連れていくようにしましょう。

認知症なのかはどのように判断するのか

診察にかかった最初は、認知症患者や家族の緊張を取り除くために、軽い世間話等から始める事もありますので、そこに嫌気と思わずに落ち着いて先生の話を聞きましょう。認知症化を判断する検査は、一般的には以下の方法です。①同伴してきた家族などから、日頃の生活の情報や今までの経歴などを聞く。②認知症患者本人にも、同じような質問をする。この受け答えで、加齢による障害なのか、病的な障害なのかを判断するそうです。③簡単な記憶テストを行います。④脳の中に病気が潜んでいないのか、CTやMRIで詳しく調べます。きちんと親身になって耳を傾けてくれる先生ばかりなので、安心して委ねましょう